FC2ブログ

新作掲載、5/28、臼田佳織さん6

usuda6.jpg

 4月26日。川越、小江戸で撮影した。
 ここはぼくのお気に入りだが臼田さんもお好きとのこと。ご贔屓のお菓子屋さんもあると聞いたのでそれならぜひということになった。
 ひさしぶりにいってみるとここもあちこち工事中で、メインストリートに向かう通りも工事中、名物の菓子屋横丁も一部工事中、変化の季節を迎えているようである。平日なのにかなりの混雑ぶりでずいぶん賑やかな町になっていた。
 ご覧のように臼田さんの服装がユニークだが、撮りはじめてみてこれがじつに街並みにあっていると気づいた。
 写真のここはある横丁にでたところで古い民家がいい風情をみせていた。ぼくは通りのこちら側から、臼田さんはぼくと民家のあいだの通りに立っていただいた。この立ち姿、思わず、あ、これだ、と声をあげちゃいましたね。なんといったらいいだろう。昭和初期くらいのお茶目な女の子。ひと目も気にせず勝手にふるまう姿がじつに可愛いというか魅力あるというか。背景の古い民家とびしゃり調和してる。
 臼田さんはその後メールで今日はレトロな感じの服装にしてみましたと書いてきた。なるほど。ひと言でいうとレトロということになるのだろうが、服装だけでない、姿勢やふるまいかたまで町並みにとけこみ、タイムスリップしたような写真が撮れた。
 小江戸は何回か撮影しているが、今日、はじめて、ぼくのイメージにあった写真が撮れたと思った。自分のイメージとしてどこかに感じながら、具体的につかめないまま、臼田さんがそれを実現してくれてはじめてそれに気づいた。カメラマンとしは何とも恥ずかしい話である。いっぽう臼田さんはしっかりご自分のイメージを具体化する手段をもってらっしゃる。素人カメラマンにはもったいないモデルさんですね。
 いい写真がたくさん撮れましたので今週、来週、2回にわけて掲載します。
 
 

スポンサーサイト




  1. 2016/05/27(金) 22:12:29|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile