FC2ブログ

新作掲載、12/26、遠野蓮子さん

touno5.jpg

 先週の続き、11月16日、柴又帝釈天で撮影した遠野蓮子さん。
 寅さんファンの遠野さんの希望でここで撮影したのだがぼくの世代の映画「男はつらいよ」を若い遠野さんがお好きなのは下街の人情にほだされて、とのことだった。
 撮影が終わって参道の茶店でひと休みしたとき、茶店のお姉さんにぼくがオーダーしてるのを横で聞いていた遠野さん、「やっぱり下町の人情は違うわねェ」と感心しておっしゃった。ぼくがいろいろ注文つけるのをお姉さんは面倒くさがりもせず細かに受けてくださった。とおり一遍のマニュアル通りの受け答えでなく、客が何を欲しいのか、よく知ろうと一生懸命なのだ。なるほど遠野さんのおっしゃることもよくわかる。
 カメラがフルサイズになってレンズ交換がたのしみになってきた。この写真は20mmで撮ったが、ポートレートの20mmというのもあまりないかもしれない。ニコンの20mmは歪みが少ないから標準に近いレンズでしかも背景が倍くらい広く写るという離れわざを見事にやってのけてくれる。ただ、よく見ると、手前にきてる膝とか右手とかがやや大きめになっているから、ア、これワイドレンズね、とわかってしまうけど。
 7枚めのロングで全身を撮った写真はわざと広角は使わず、50mmで撮った。おなじ写真をワイドレンズで撮るよりは全体に圧縮感があり、平坦になるが、それがこの場にふさわしいと思ったからだ。apsカメラのときはそういう発想があまりなかったけれど、やはりフルサイズはレンズの特徴がいかされてたのしい。


スポンサーサイト




  1. 2015/12/25(金) 22:10:06|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile