FC2ブログ

新作掲載、3/30、Ayanoさん41

ayano41.jpg

 2月13日。白金台プラチナ通りで撮影した。
「プラチナ通りなんてどうですか?」Ayanoさんからメールをいただいた。白金台に通称プラチナ通りと呼ばれる通りがあり、シャレたブティークやカフェが並んで評判になっているという。ロケハンしてみると、なるほど、場所がらもあってシックな通りである。
 日取りを決め、近づいたので天気予報を調べると、なんと、当日は雪だというのだ。困った。どうしようかと相談すると、雪は前夜から当日の朝まで、だいじょぶそうですよと軽い返事がきた。ひやひやもので当日を迎えたら、なるほど前夜は雪だったらしいが朝からカンカン照りの晴天。「なにしろ私は晴れおんなですから」とAyanoさんは澄ましたものである。雪の翌日なので空気も澄み、風がちょっと強いだけで絶好の撮影日和になった。
 ただ、ここは一本の通りで、しかも片側だけにいいお店が並んでいる。どう狙ってもおなじ角度の構図になってしまうので、低位置からあおってみたり、方向を逆にしたり、通りのむこう側から撮ってみたり、少し工夫してみた。
 一本道なので撮りながら歩くうちにそろそろはずれにきてしまった。するとAyanoさん、この先にいいカフェがあるはずなんだけどといい出した。いってみるとそのビルは一階がブティークと花屋さん、それらしき看板も出てないし、見上げても窓もない。あきらめて帰りかけると、Ayanoさんが階段をとことこ登り、上のほうから「ありましたよォ」と声をかけた。なるほど、あることはあるんだ。しかし標識もなくてお客さんはいるのかしら。います。います。ワンフロア使った広いお店がほぼ満席状態。そのお客さんというのがぼく達みたいな通りすがりと違い、一人で読書してる紳士、打ち合わせ中らしい芸術家ふう、近くにお住まいらしい犬を連れた奥さん、みなさんいい雰囲気でくつろいでらっしゃる。なるほど。こういうお店には看板みて入ってくるイチゲンさんはいらないのね、という感じだった。
 このお店のテラスがとてもいい雰囲気で、Ayanoさん、ウェイトレスに写真撮ってもいいですかと訊くと、どうぞ、どうぞ、今日は寒いですからとストーブまで持ってきてくださった。いやあ、こんなお店が近くにあったら毎日でも通っちゃいますね。
 今回の写真、ラストはそのテラスでしあわせそうにくつろぐAyanoさんです。


スポンサーサイト




  1. 2013/03/29(金) 23:42:37|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile