FC2ブログ

新作掲載、10/13、Ayanoさん36

ayano36.jpg

 9月11日。航空公園で撮影したAyanoさん。その第二弾です。
 公園を流れる人工の小川。そこに石を積み上げた小さな滝。夏休みには家族づれで賑わい、お子さんが裸足でじゃぶじゃぶ水遊びするところである。
 先週、木立のなかで撮影した衣装のままここにたどりつき、最初は滝をバックに撮っていたがそのうちAyanoさん興がのってきたか滝壺にのりだし、靴を脱いで流れに足をひたした。その写真がサイトのトップの写真である。しばらく撮っているうちに「滝壺に入っちゃいましょうよ」といいだした。マ、お子さんが遊べるくらいの滝壺だからたいしたことはないがファインダを覗いてみると、石に腰かけたポーズとは断然ちがって迫力がある。そこで、それまでは35mmで撮っていたが、50mmに替えた。視野がせばまるし、やや望遠気味になるので画面いっぱいに滝がクローズアップされ深山幽谷の気配。
 ふと思いつき、ぼくの前に人の背丈ほどの大きさの石がある、そこに乗ったらどうかと、よいしょと腰をあげた。「だいじょぶですかァ」とむしろAyanoさんが心配してくださる。カメラを肩にぶら下げ、両手をつかって石に這い上がってファインダを覗くと、しめしめ、滝壺とAyanoさんを俯瞰する構図になった。それがここに掲載した写真と、サイトではそこからさいごまでの数枚である。
 いやあ、こういう俯瞰写真はひさしぶりに撮れた。下からあおる写真は撮りやすいが、上から俯瞰する写真はめったに撮れない。上から見下ろしてみると、また一段と迫力があって大満足である。
 さほど危険な場所ではないけど、背中にはざあざあと滝の水しぶきがかかるところに裸足で入ってもらうなんてなかなかお願いしにくいことである。それを察してご自分から滝壺に入ってくださるのはさすがAyanoさん。ここまできたんだから徹底しちゃいましょうよといううれしい決断なんですね。
 ありがとうございました!

スポンサーサイト




  1. 2012/10/12(金) 23:42:29|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile