FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新作掲載、7/21、Ayanoさんvol154

ayano154.jpg

 先週につづき6月25日、明治神宮で撮影したAyanoさんです。
 ぼくの写真は個人のサイトのほかにflickrにも掲載しているが、新作をのせると毎回1000人もの訪問客がありありがたいことである。flickrは外国人が多く、コメントもたくさんいただいている。
 モデルさんが素敵! というコメントがほとんどだが、毎回、Ayanoさんばかり載せているから常連さんになると一度Ayanoさんを絶賛したあとはライティングのこと、構図のことなどについて書いてくださる。これはたいへん参考になる。
 ぼくとしてもAyanoさんの魅力はアップからロングまで撮りつくした感があり、いまでは撮影場所の雰囲気をとらえてそこにいるAyanoさんという、いわば構図重点の撮影になりつつあるのも事実である。
 今回、明治神宮で撮りたいと思ったとき、あの宏大な空間でどう撮ったらいいか悩んでいた。Ayanoさんもメールで広すぎてモデルとしてはつらいですねと書いてこられた。あざといポーズはとりたくないし、かといって記念写真で終わりたくもない。自然な姿勢で背景に溶けこむような表情が必要ですね、とおっしゃる。さすがAyanoさん、その通りである。
 先週掲載した9枚のうち2枚めがぼくが一番撮りたかった写真だった。参道のひろびろした空間とそこに何気なく立つAyanoさんをローアングルから狙った。広さもでたし、モデルさんの美もでた。
 今週掲載ぶんでは社殿で撮ったラストの3枚がぼくとしてはお気に入りになった。
 flickrでどんなコメントがつくか、いまからたのしみにしている。


スポンサーサイト

  1. 2018/07/20(金) 21:39:23|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、7/14、Ayanoさんvol153

ayano153.jpg

 6月25日。明治神宮で撮影した。
 いつかちゃんと撮りたいと思っていたロケーションである。
 原宿や代々木公園で撮影するとき、明治神宮の入り口の鳥居のまえでは何回か撮ったことがあるがそこからなかに入ったことはなかった。
 いつか、いつか、と心のどこかにひっかかっていたらたまたま明治神宮御苑の花菖蒲が見頃という記事をネットで読みチャンス到来とAyanoさんにメールさしあげた。いいですよ、と返信いただき、初めての撮影になるので6月半ばに下見にでかけた。
 なるほどみごとな花菖蒲園。あたり一面花菖蒲が咲きほこり、おまけに見物客も大勢で押すな押すなの行列というところだった。
 それから一週間ほどして撮影日となったが、あらら! すっかり盛りを過ぎてあちらに一本こちらに一本というありさま。ここに掲載した写真がそこだが、Ayanoさんのうしろが花菖蒲の畑で遠景の東屋あたりまでお花がびっしりだったのに何とまァ、寂しい景色である。
 残念。わずか一週間のズレでこんなことになった。
 しかしこの明治神宮御苑、なかなか素敵なところで、蓮の池があり、そこは蓮の花が満開だったし、高貴なかたがたの休憩所になる建物の外観も見応えがある。今回は、大鳥居の入り口から御苑にかけて、来週は本殿周辺で撮影した写真を掲載します。



  1. 2018/07/13(金) 21:23:23|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、6/23、Ayanoさんvol152

ayano152.jpg

 先週に続き、5月27日、品川インターシティで撮影したAyanoさんです。
 今回はインターシティよこの庭園、セントラルガーデンと、隣接するグランドコモンズというビル街で撮影した写真。
 サイトの9枚の写真のうち最初の2枚はセントラルガーデンにあるフォリー(造形物)の一つでこれがまるで「鏡の間」のようである。両サイドに鏡のように金属板がはられているので真ん中に立つと左右の鏡にAyanoさんの姿がたくさん写される。これがおもしろいので、センターに立ってもらったり、やや横から写してみたりと、やたらシャッターを押してしまった。あとで見直すと他愛無い遊びの写真にすぎなかったがこんなシチュエーションはめったにないので2枚を選んで掲載した。
 ここに載せた1枚はインターシティと隣りのグランドコモンズをむすぶブリッジでじつはこの下がセントラルガーデンになる。
 最初見たときはなんでもない橋と思ったがAyanoさんがここがいい、ぜひ撮りましょうよ、とおっしゃるので試し撮りしてみた。すると、ご覧のように光のぐあいがじつに美しい。Ayanoさんはこういう光を読むのがお得意でカメラマンが脱帽するほどである。flickrには大きめの写真が掲載されているがそれを見ると、正面はやや暗いが、両サイドにハイライトがあって人物のシルエットがくっきり浮かびあがる。この写真はぜひflickrの大きい写真をご覧いただきたいと思います。ここでもたくさんシャッターを切ったが、あとでAyanoさんと二人で、これ、これが最高と意見一致したのがこの1枚でした。



  1. 2018/06/22(金) 21:14:13|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、6/16、Ayanoさんvol151

ayano151.jpg

 5月27日。品川インターシティで撮影した。
 Ayanoさんは東京の撮影スポットをいろいろご存知で今回もまた紹介いただいた。ぼくが知らない場所なので下見にでかけるとこれはまた撮影には絶好の場所である。
 JR品川駅から歩道橋を歩くと品川インターシティの2階のエントランスに直結している。ここにはビルが4棟並び、3棟が高層ビルでこれはオフィス用、まんなかにショップのある低いビルがあり、すべてのビルはスカイウェイという歩道でむすばれている。
 このショップのあるビル、これがとくに素敵で、地下1階がビル内の広場になっていて、1階、2階と吹き抜けで、つまり地下1階のショップ広場に立つと、天井がはるか上に見える。この広場にはテーブルと椅子が並び、下見にでかけたときはちょうど昼時だったのでオフィスのかたがまわりにあるお店で買ったお弁当を食べている姿があった。とくに高い天窓から射しこむ陽射しが見事で、これはいい写真が撮れるとうれしくなったものだ。
 ところが撮影当日、事件がおきた。
 下見にいったのは平日だったが、撮影当日は日曜日だった。すると、広場のテーブルと椅子はかたづけられ、広場全体がフリーマーケットになり、雑貨が山と積まれているという光景。ギャー! Ayanoさんもびっくりしてこれはごちゃごちゃしすぎて絵になりませんねェとおっしゃる。
 うーん、残念。
 しかし、撮影スポットはここだけじゃないのでスカイウェイのあちこちやビル街よこのセントラルガーデンなどでたっぷりすませてきたのでご安心を。



  1. 2018/06/15(金) 21:51:20|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、6/2、けにゃさんvol58

kenya58.jpg

 4月20日。丸の内仲通りで撮影した。
 車道を歩行者天国にしたこの通りは東京のユニークな新名所じゃないだろうか。
 日曜日の歩行者天国はあちこちにあるがここは一年中、平日でも週末でも、午前11時になると車の往来を遮断して歩行者天国にしてしまう。距離にしておよそ有楽町駅から東京駅までの車道、そこから車をシャットアウトし、道路にはイスとテーブルを並べ、天気のよい日だとご覧のような素敵なプロムナードになるのだ。
 数年前、最初は試験的に数ヶ月の予定ではじめたようだが、評判がいいので恒久化し、いまでは午後の時間帯にいくといつでもこういう光景にお目にかかれる。
 お昼どきなら近くのオフィスのかたがテーブルを占領してランチタイムしてらっしゃる。観光客らしい家族連れもいるし外国人の姿もちらほら。ぼくは平日にしかでかけないがおそらく週末などはかなりな人混みになるのじゃないか。日によってイベントもあるようだし、屋台なども出て賑わっているようである。
 ここの撮影は違うモデルさんで3回めになるが、今日のけにゃさんもここが気に入ってくださったようでたのしい表情をたくさんだしてくださった。
 お天気にもめぐまれて素敵な一日になった。



  1. 2018/06/01(金) 21:40:52|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、5/19、Ayanoさんvol150

ayano150.jpg

 先週につづき4月9日、芝公園で撮影したAyanoさんです。
 芝公園の増上寺がわの散歩道を小高くなったところまで歩いていくとそこにまた小公園があり、お昼どきなので家族連れや友達どうしで賑わっていた。ここは正面に東京タワーがあってなかなかの景観でその写真は今週掲載の9枚のさいごにある。
 その一角になんと!チャペルがあった。ここはすぐ横の超高層ホテルに隣接するのでたぶんホテルの結婚式場として建てられたのだろうが今日はひと気もなく、撮影には絶好の場所だった。
 ここに掲載した写真にあるようにまるでギリシャかローマの円柱建築みたい、おまけに今日はピーカンの晴天なのでさながらエーゲ海の陽射しを楽しむようである。
 Ayanoさんもよろこんでいろんな表情とポーズをくりだしてくださった。
 つくづく痛感したが、やはりモデルになるかたはロケーションが素敵だと日頃に増していい表情をだされるものらしい。だからカメラマンはロケーション選びが第一ということになるのだが今回は場所選びもモデルさん任せだからカメラマンはもっぱらシャッター押すだけ、いやはやだらしないったらない。
 撮る写真、撮る写真、どれも素敵なので、今回は9枚のうち8枚はおなじ場所のもの、Ayanoさんの7変化をたっぷりおたのしみください。



  1. 2018/05/18(金) 21:43:21|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、5/12、Ayanoさんvol149

ayano149.jpg

 4月9日。芝公園で撮影した。
 Ayanoさんからメールをいただき芝公園で撮影はいかがでしょうという。
 ぼくは芝公園といえば増上寺から東京タワーにかけてのあたりしか知らなかったが増上寺のタワー側ではない一帯にいい公園ができているらしい。Ayanoさんがここをご存知なのは公園の北側に超高層のホテルが建ち、Ayanoさんがご存知のある有名人のパーティーがここでひらかれるのでたびたびいっている。公園じたいはあまり歩いたことがないがパーティー会場から見たところなかなか素敵とのこと。
 さっそく下見にでかけた。ぼくがいったのは3月下旬のことですでに桜の季節は終わっていたが八重桜が満開でのこっていた。八重桜はふつうの桜より開花が遅いので桜が終わったあとに見頃になる。しかし撮影日までは日があるし、このままならいいんだがとひやひやしながら当日でかけると、かなり終わりまじかだったがなんとか絵になるていど残っていてくれた。
 下見のとき、公園をあちこち歩き、さいごにAyanoさんご存知のホテルに立ち寄ってみると、その内庭がなかなか素敵でおまけにチャペルがあった。結婚式に使われるらしいがふだんはひと気もない。撮影当日もがらんとしているし、Ayanoさんも素敵、素敵を連発されたのでここでたくさん撮らせていただいた。
 というわけで今回は芝公園編、来週はチャペル編とわけて掲載することにした。



  1. 2018/05/11(金) 22:18:08|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、4/29、けにゃさんvol57

kenya57.jpg

 3月30日。日比谷公園で撮影した。
 ひさしぶりのけにゃさんです。半年ぶりになる。ネットにはけにゃさんファンが大勢いらっしゃるからさぞ待ち遠しかったことでしょう。
 桜の季節ですねェ、ぜひ桜で、とメールいただき、4月上旬に撮りましょうと打ち合わせしていたが、今年は桜が早くて予想がズレてしまった。2月から3月にかけて寒い日がつづき、むしろ遅れるのではないかと思っていたのに、3月下旬には我家の近くの桜も満開。ありゃあとネットで調べてみたら都心の桜はとっくに見頃をすぎているらしかった。
 あわてて日取りを早めてこの日にしたのだが、日比谷公園に着いてみるともう終わった感じで若葉が青々している。これは残念とあきらめかけたが公園のなかに入ってみるとまだ咲いている木はのこっていたのでそういうところをめざして撮影することにした。
 お花見客らしき一団もまだあちこちにいて、名残りの桜のしたに集まって談笑していた。
 桜の季節には何度もけにゃさんを撮ってきたが、とくにけにゃさんは明るい桜の色とお似合いである。
 今回もそういうけにゃさんをお楽しみください。


  1. 2018/04/27(金) 21:51:10|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、4/21、Ayanoさんvol148

ayano148.jpg

 先週につづき、赤坂サカスで撮影したAyanoさんです。
 TBS周辺の新名所、赤坂サカスの先週は入り口からACTシアターの階段あたりまでを撮った。シアター脇のしだれ桜が季節としてはやや早めなのに見事だったのが幸いした。
 今週はサカスの外側、サクラ坂のあたりから裏側にある小さな公園で撮影した。
 Ayanoさんはテレビ出演されることも多く、数年前は日頃のお仕事のほかにテレビ出演依頼がとびこみたまたま撮影予定日に当たっていたりすると調整に四苦八苦されていたことがあった。その後事情で所属事務所が替わりしばらくお休み。新事務所の立ち上げで先月のTBSテレビ出演から再スタートされたがもうすでに2回めのオーダーがきた。なにしろ容姿も抜群なところに性格のよさがあって一度出演するとスタッフに好かれてどんどん仕事がきちゃうらしい。結構なことなんだが、あまり忙しくなると、撮影日もとりにくくなるかなァと、それが心配。いやいやどんどん仕事が入るのは結構なことだし、こちらはほんのお遊びだからさほど気にすることはないんですけどね。
 ところで偶然みつけたのだがTBS放送センターわきに小さな公園。公園というより散策路みたいなところだがなにやら由緒ありそうなオブジェと池もあり、その周辺が光の加減がよくていい撮影スポットになった。
 ここに掲載した写真もそこのベンチでAyanoさんも気に入ってくださったようでここで数カット撮影した。今週の9枚の後半はここの写真である。



  1. 2018/04/20(金) 21:07:03|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作掲載、4/14、Ayanoさんvol147

ayano147.jpg

 3月19日。赤坂サカスで撮影した。
 Ayanoさんはあちこちに遊び場があってこのTBS界隈もそのひとつ。今回はぜひここでと紹介いただいた。テレビ出演もされているAyanoさん、最近TBSのあるテレビ番組に出られたとのことだが放映が先なのでまだ教えていただけない。
 昔はぼくも用事でTBSに通ったことがあった。当時は赤坂サカスはまだなくて現在のビズタワーのところに旧TBS放送局があり、BLITZがほんの仮小屋みたいなライブハウスでオープンしたときはいまのように地下鉄「赤坂」駅からいくのではなく、一ツ木通りから桜坂をあがっていったものだ。
 まだ地下鉄「赤坂」駅ができる前で、TBSにいくには銀座線「赤坂見附」駅から一ツ木通りを歩くのがルートだった。一ツ木通りは通称TBS通りと呼ばれ、テレビ局のかたや関係者がいくシャレたお店がずらりと並び、そういうレストランや呑み屋にいくと自分もテレビ関係者の一人になったような気分になったものだ。
 今回、Ayanoさんにいわれて下見してみると、当時とはまったく雰囲気が変わり、一ツ木通りは昔の面影はなく、いまは地下鉄「赤坂」駅周辺のほうに中心が移っているようだった。ぼくもどうやらすっかり浦島太郎さんになってしまったようですね。
 お好きな遊び場でたのしく遊んでいるAyanoさんを撮らせていただいた。


  1. 2018/04/13(金) 21:47:32|
  2. 女性ポートレート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。